消費者金融に何度も申し込んでいるけどなかなか審査が通らない・・・そんなお悩みを持つあなたに

消費者金融は世の中に数あるローン商品の中では最も審査が甘いローンです。

住宅ローンや事業ローンなどに比べると格段に審査が通りやすい仕組みになっております。

また無職でない限り普通は審査に通らないことは無いのですが、それでも「なかなか消費者金融の審査に通らないよ~」とボヤいているひとも世の中に多いのも事実です。

では実際にどんなタイプの人が消費者金融の審査に通らないのでしょうか?

こちらでは、消費者金融の審査に通らなくてお悩みの方にその理由を原因を取り上げてみます。

以下の原因・理由に一つ以上当てはまる人は、その原因と理由を一つ一つ潰していき解消していきましょう。

そうすれば、必ず借りれるようになります。

消費者金融で審査が通らない人の特徴

スポンサードリンク



では、ここでは消費者金融の審査が通らない人の特徴をいくつか取り上げてみましょう。

あなたは一体いくつ当てはまるかな?

1)無職である

これは全く問題外です
無職の人が消費者金融の審査に通ることはまずありえません

2)申込書(申込フォーム)の記入ミス

意外にこの手のミスが多いです。

名前や生年月日、住所、電話番号、その他もろもろの個人情報の記入ミスは一発審査落ちになります

3)申込の嘘申請

これをやらかす人も結構多い。

よくある例が「年収の嘘記入」、「他社借入件数の嘘記入」、「借金額の嘘記入」

どうしても審査に通りたい一念で嘘を書いてしまうのでしょうが、嘘は個人信用情報機関に照会すればバレます。

正直に書いた方が審査に通りやすいです。

4)信用情報の事故情報がある

過去の金融事故歴・・・いわゆるブラックリスト、延滞歴、破産歴、債務整理歴、他社借入状況、借金額など個人情報機関に照会されれば分かってしまう恐ろしい時代・・・。

消費者金融会社も審査時に申込人の個人信用情報を機関から照会して確認を取ります。

事故情報(ブラックリスト)があると審査はほとんど通らないでしょう。

5)短期間に何件もの消費者金融に申込をした

どうしてもお金を借りたい一念で短期間に何件も消費者金融に申込をしまくると個人信用情報機関に申し込み履歴が残ります。

この申し込み履歴は消費者金融会社は審査時に確認します。

短期間に何件も申し込みをしていたのを消費者金融会社に知られてしまうと審査に不利となります。

「申込しまくる」・・・という行為は極度にお金に困っていると判断されてしまうからイメージダウンです。

6)専業主婦であること

以前は専業主婦の方でも旦那さんが働いていて収入が有れば借りることができました(旦那さんに内緒でも)

しかし、最近では金融法が改正されてしまい専業主婦の方が借りれることはほとんど不可能となりました。

どうしても借りたいと言う専業主婦は旦那さんの同意書などが必要です。

でも元々、家族に内緒で借りるのが消費者金融であるわけですから「同意書があれば・・」なんていうのは絵に描いた餅です。

つまり専業主婦の方は実質消費者金融で借りることはできなくなったと言っても過言ではありません。

7)極度の多重債務者(他社借入が多すぎる人)

基本的には大手では4件まで、中小では6件~7件までが限度でしょう。

他社借入件数が多い人は1件でも減らしてから申し込んだ方が良いです。

8)総量規制に引っかかる人(既に年収の3分の1を越える借金を消費者金融でしている)

あなたがもし消費者金融で既に年収の3分の1を借りている場合は、もうそれ以上借りることはできません。

他社のどこで申し込んでも・・・。

どんなに審査の甘い消費者金融があっても、あなたが既に年収の3分の1まで借りてしまっている場合は逆立ちしても借りれません。

法律で決まっているからです。

消費者金融会社も本当はあなたにお金を貸したいのだけど法律を守らないと罰則を受けてしまうので貸せない事情があるのです。