消費者金融の融資申し込みは嘘をついてもバレないと誰かが言っていたけど本当か?

消費者金融の申し込み書や申し込みフォームの記入は基本的に自己申告です。

自己申告ゆえに「嘘を書いてもバレないのでは?」・・・・と考える人も多いでしょう。

しかし、実際に申し込みで嘘を書いて審査でバレることはないのでしょうか?

これは、まずバレてしまいます!

従って、消費者金融の申し込み書や申し込みフォームは嘘を書かずに正直に記入して提出するのが王道といえます。

消費者金融の申し込みでお客はどんな嘘を書くのか?

では、実際にお客は消費者金融の申し込み時にどんな嘘を書くのか?

スポンサードリンク



これはお客が「どうしてもお金を借りたい」、「どうしても審査に通りたい」・・・という一心で嘘を書くケースが多いです。

「審査に通りたい一心での嘘」、「どうしてもお金を借りたい一心での嘘」とは具体的にどんな嘘なのか?

以下がよくある例といえます

1)年収の嘘申請

2)他社の借金件数(借金金額)の嘘申請

3)職場の嘘申

上記の3つの嘘申請が圧倒的に多いです。

1番の「年収の嘘申請」ですが、消費者金融では年収が多ければ多いほど審査に通りやすいと思ってしまうお客も多いのです。

また年収が多ければ多くの限度額を借りれると思ってしまうお客も多いようです。

その為に年収を嘘申請してしまう人が多い。

実際には年収が300万円の人が年収500万円と嘘申請をするケースです。

しかし、この場合は消費者金融会社側から「収入証明書の提出」を求められたらアウトです!

嘘がバレてその時点で審査落ちとなります。

2番の他社の借金件数と借金金額も同様です。

この手の嘘をバレないと勘違いして書く人もかなり多いのですが、こちらも大抵はバレてしまいます。

消費者金融会社が「個人信用情報機関」にデータの照会をすれば、「その人が他社で何件借りているのか?」、「その人がいくら借りているのか?」などが簡単にわかってしまうからです。

3番の職場の嘘で多いのは、無職の人が消費者金融でお金を借りたいがために、実際に働いていない会社の名前を記入申告してしまうケースです。

これも消費者金融会社は「在籍確認(職場に電話して確認)」という形で、その人が本当にその職場で仕事をしているのかを確認するので大抵はバレます。

以上の事から消費者金融の申し込みの申請は正直に書いた方が無難です。

消費者金融の審査は他のローンに比べてそれほど審査が難しい訳ではありません。

多少、他社の借入があっても多少年収が少なくても審査に通ることが多いので正直に書いた方が良いです。

また職場の申請も同様です。

消費者金融はアルバイトでも審査に通ることが多いので、現在無職の人はどこかしらでアルバイトをはじめてから申し込むのが良いでしょう。

アルバイトやパートでも借りれる事が多いです。