上場企業のサラリーマンほど給料日前は消費者金融で借りたがる?借りれる融資先はどこ?!

上場企業のサラリーマンの多くは消費者金融でお金を借りております。

一見すると、、上場企業のサラリーマンは収入もそこそこ貰っているので消費者金融を利用していないようにも思えます。

しかし、実際はかなりの数の人が利用しているようです。

消費者金融の利用者データーを見たことがありますが、大半が働き盛りのサラリーマンです。

特に一流企業勤務のサラリーマン、上場企業のサラリーマンの利用率が高い。

なぜかと言いますと・・・・上場企業や一流企業のサラリーマンは審査が簡単に通ってしまうからです。

安定企業に勤めているサラリーマンほど消費者金融の審査通過率が高く、融資可決率が高いのです。

そして彼ら上場企業のサラリーマンの方達自身も、審査が簡単に通って簡単にお金を借りれることを知っております。

なので、上場企業のサラリーマンほど2件目~3件目~4件目と借り続け多重債務になる可能性も高いのです。

これは公務員に関しても同じです。

スポンサードリンク



特に年収500万円以上の上場企業のサラリーマンほど消費者金融からお金を借りているケースが多い。

年収500万円だと月収で換算すると手取り30万円ちょっとです。

手取り30万円位の給料を貰う人って月末になると金欠になることが多いです。

飲み会やらデートやら趣味やレジャーなどで使うお金を考えるとお小遣いは微々たるものです。

だから足りない分は消費者金融から借りるケースが多い。

年収500万円、手取り月収30万円の上場企業サラリーマンの方が審査に通りやすい、借りれる消費者金融は?

年収500万円、手取り30万円の上場企業サラリーマンの方が借りれる消費者金融はたくさんあります。

まず「銀行系の消費者金融」、「大手の消費者金融」、「中堅、中小の消費者金融」、「信販系の消費者金融」など

ほとんどの会社から借りれますし楽勝で審査も通ります。

だから、大手上場企業の年収500万円、月収手取り30万円のサラリーマンの方は、一番貸付条件が有利な銀行系で借りるのが賢いです。

大手の消費者金融も最近は金利が安くて、審査も早くて甘くておすすめです。

しかし他社借り入れが多い上場企業のサラリーマンの方や過去に破産歴や債務整理歴がある上場企業のサラリーマンの方は銀行系や大手は審査が通るのは厳しいので中堅や中小を探しましょう。