わずか月収10万円のフリーアルバイターやパートタイマ―でも消費者金融の審査に通るか?

毎月のアルバイト収入やパート月収入が10万円の人でも消費者金融の審査に通るものでしょうか?

また現在無職の人が、アルバイトを始めて月収10万円稼ぐようになったらすぐに消費者金融で借りれるでしょうか?

これは十分可能です。

月収10万円でも毎月安定収入があれば消費者金融の審査は通りますし融資も可能です。

一見すると、月収10万円ん程度のフリーターが消費者金融では借りれないようにも思えますが決してそんなことはありません。

月収10万円程度のアルバイトやパートの方でも大手の消費者金融、銀行系の消費者金融、信販系の消費者金融、中小の街金系の消費者金融から借りることは十分可能です!

スポンサードリンク



ただ、月収10万円程度では銀行カードローンは難しいかもしれません。

月収10万円のアルバイターやパートタイマーは消費者金融で限度額いくらくらい借りれるか?

では実際に月収10万円のアルバイトやパートが消費者金融でお金を借りる場合、一体どれくらいの限度額まで借りれるだろうか?

これは総量規制の法律に照らし合わせれば簡単に推測できます。

まず月収10万円の人を年収に換算します。

すると年収は120万円となります。

総量規制の法律は「消費者金融などのフリーローンは年収の3分の1までは借りれる」という法律なので、その3分の1は40万円です。

つまり月収10万円のアルバイトやパートの方でも消費者金融から最高40万円まで理論上借りれます。

ただ、これもあくまでも法律上、理論上40万円まで借りれると言う事であり、実際にいくら貸すのかを判断するのは各消費者金融会社です。

だから実際は40万円借りれる人もいれば、30万円借りれる人もいる。

また20万円しか借りれない人もいれば、たった5万円しか借りれない人もいるでしょう。

消費者金融の審査はお客の年収だけでなく、仕事内容、勤続年数、居住場所、家族構成、居住年数、過去のローンやクレジットカードの利用履歴などの属性や過去・現在の信用情報を事細かくスコアリングし最終的に審査の判断を下します。

だから月収10万円のアルバイトが総量規制の最大限度額の40万円まで必ず借りれるとは限らないのです。