パートタイマーが消費者金融でお金を借りる場合、一体いくらまで借りれるか?

ぶっちゃけ、パートタイマーって消費者金融でお金を借りれるのか?

パートタイマーは正社員とは違い、臨時雇用者であり非正規雇用者です。

当然ですがローンやクレジットの審査は不利なのは否めません。

しかし消費者金融は数あるローンの中では審査が甘いローンの部類になります。

だからパートタイマーの人でも消費者金融でお金を借りるのは十分可能です。

確かに住宅ローンなどはパートタイマーの人が審査に通るのは難しいでしょう。

しかし消費者金融の場合は簡単に審査が通ります。

現に、大手や銀行系の消費者金融会社は公式ホームページでも「アルバイト、パートでも可」と表記されております。

これはパートタイマーでもお金が借りれることを示唆しております。

パートタイマーは消費者金融でいくらまでお金を借りれるか?

では実際にパートタイマーの人はいくらまで消費者金融からお金を借りれるのか?

最近ではパートタイマーに従事している人でも消費者金融からお金を借りるケースが多いとおもいますし、実際にこれから借りたいと思っている人もいますよね?

一番気になるのは「いくらくらい借りれるのか?」だと思います。

これは収入や本人の返済能力によって限度額は違ってきます。

具体的には年収の3分の1以内の範囲で借りれます。

例えば、もしあなたがパートで年収150万円の収入がある場合はその3分の1の50万円までが融資可能範囲です。

あなたが年収100万円のパートタイマーならば、その3分の1である30万円が最高融資限度額となります。

これは「総量規制」という法律で決まっている事でもあり、消費者金融でお金を借りる場合は「年収の3分の1以内ルール」が適用されるからです。

だから、あなたがこれから消費者金融でお金を借りたい場合は「年収の3分の1まで」と覚えておくと良いです。

ただ実際には額面通りになるわけではなく、3分の1よりもっと少ない金額での融資可決となります。

パートタイマーは収入証明書不要、運転免許証のみでお金が借りれるか?

スポンサードリンク



消費者金融は審査時に申込人の「返済能力」と「信用力」を重視します。

基本的に担保や保証人が不要のローンなので、本人の返済能力と信用力が全てです。

本人の返済能力は⇒「安定収入の有無」

本人の信用力⇒「過去のローンやクレジットの履歴など」

上の2点を重要視します。

特にパートタイマーの人ですと正社員の人と違い収入安定性と返済能力が少し劣るので、その辺は慎重に審査を行うでしょう。

具体的には過去の収入証明書を提出することで返済能力を確認します。

最近では「免許証だけで借りれる」とか「300万円以内は収入証明不要」と宣伝している消費者金融や銀行カードローンもありますが、アレはあくまでも「原則収入証明不要」であって、「誰でも収入証明不要」と言っている訳ではありません。

パートやアルバイトなど収入安定性に不安のある人の場合は「収入証明不要」と宣伝している消費者金融会社といえども収入証明書の提出を求められることが多いのです。

だから、あなたが現在パートタイマーでこれから消費者金融でお金を借りたい場合は、予め収入証明書を用意しておく方がスムーズに審査が終わると思います。

これは「収入証明書不要」と宣伝している消費者金融会社やカードローン会社でもパートの方は用意をしておいた方が良いでしょう。